車の買取相場を決める要素とは

車の買取査定においては、少しでも高い提示額を希望するのが誰しも共通の願いです。買い替えの足しになるだけでなく、これまで大切に乗ってきた愛車が高く評価されることは、それだけで単純に嬉しいものです。少しでも高く買い取ってもらうために、複数の業者に査定を依頼することは、今や常識となっています。しかし、そもそも査定を依頼する愛車の相場が分からなければ、交渉の仕方も分かりません。

まずはどのような要素から買取相場が決められるのか、仕組みから知ることにしましょう。

中古車の相場は、基本価格を決める要素と、基本価格から加点、減点される要素の2つから構成されています。もちろんこの相場は、中古車販売店で販売されている価格とは異なります。店頭に並んでいる中古車は、お店が買い取った価格に整備費用や人件費、利益などが上乗せされています。実際の買取相場は、これよりずっと低いことになります。

基本価格を決める要素とは、車種、カラー、走行距離、年式、グレードといったところで決まるため、所有者がどうこうできることではありません。これに対し、加点減点される要素は、内装や外装の状態、車検の残り期間などですから、所有者が意図的にこの要素を加点に持っていくことは可能です。

中古車は需要によって基本価格が決まりますから、いくら新車価格が高い車だったとしても、人気がなければ高く売れません。新車時は同じ価格のボディカラーでも、中古車になると色によって価格が変わることからも、新車時の価格と中古車の価格が比例しないことがお分かりいただけるでしょう。売却のことも考えて購入するなら、ボディカラーは無難な白や黒を、車種は人気のものをお勧めします。

加点減点の要素は、どれだけ車を大切に扱ってきたか、というところに繋がります。こまめに点検をしているか、タイヤの溝が浅くなる前に交換しているか、というような部分です。売却を決めてからタイヤを交換するのは賢明とは言えませんから、日頃の車の扱いがいかに大切かが分かります。

これを踏まえた上で、買取業者に査定に来てもらった時は、加点減点要素となる部分をいかにアピールできるかがポイントになります。車検の残り期間や外装の細かい傷はどうしようもありませんが、内装をきれいに保つためにしてきた工夫ならいくらでもあるはずです。車内完全禁煙、ペットや子供を乗せたことがない、土禁などもすべて加点要素となり得ます。加点にならなくても、言って損することはありませんので、思いつく限りのプラス要素を言っておきましょう。そして、いくら聞かれても、希望額は言わないことです。

希望額を言ってしまうと、それ以上は上がらなくなります。最低でもこれくらい、という言い方をしても同じです。業者が買い取っても良いと思っているマックス金額よりはるかに低くても、それがマックスになってしまいますので気を付けてください。